社民党埼玉 Web サイト
>> ホーム  活動レポート  議員情報  組織・役員  お問い合わせ

社民党埼玉県連合・活動レポート

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
活動レポートのトップページを表示

平和センター定期総会


 さいたま市市民会館うらわで、埼玉県平和運動センターの第19回定期総会が開催されました。

 戦争法・共謀罪廃止、脱原発・被爆72周年、部落解放、教育フォーラム、食・みどり・水を守る埼玉県民会議の取り組みなどついて活動報告、方針を全体の拍手で確認しました。

 来年度の役員改選も行われ、社民党からは前年度に引き続き中島修事務局次長、斉藤由幹事が選出されました。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

埼玉西部地区護憲集会

 埼玉西ブロック発

 恒例の冬の護憲集会が開催されます。今回は、ダニーネフセタイさんに講演をお願いしました。

 くわしくは、武井誠県連合代表のホームページをご覧ください。

 こちらです。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

「狭山事件」再審請求アピール行動


 連日、東京高裁前で「狭山事件」再審請求のアピール行動が行われ、冤罪を訴える石川一雄さんご本人を先頭に、多くの市民が参加しています。

 今日は、武井誠県連合代表も朝の通勤時間帯と、昼休みの時間帯の2回、行動に参加し再審開始を訴えました。

 石川一雄さんの隣でマイクを握っていらっしゃるのは、足利事件の冤罪を晴らした菅谷利和さんです。犯人と決めつけて厳しい取調べを行った警察・検察への怒りを吐露されています。

 石川一雄さんは78歳、無罪を訴え続けて54年になります。一刻も早い、再審開始を!。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

第21回北関東ブロック協議会 等


 茨城県大子町で、社民党北関東ブロック協議会第21回総会と自治体議員団会議第20回総会、および学習会が開催されました。

 総会では、埼玉県連合の武井誠代表が、北関東ブロック協議会の副議長、同自治体議員団の団長に選出されました。
 
 学習会では、東海第二原発差止訴訟共同代表の大石光伸さんから「東海第二原発の再稼働をめぐる状況」についての報告を受け、各県で反対運動に取り組むことが確認されました。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

2017さよなら原発埼玉県民集会


 浦和の埼玉会館で、埼玉県原爆被害者協議会、埼玉県地域婦人会連合会、埼玉県生活協同組合連合会、原水爆禁止埼玉県協議会、埼玉県平和運動センターなどで構成された実行委員会主催による「2017さよなら原発埼玉県民集会」が開催されました。

 講演・報告は、弁護士で映画「日本と原発」シリーズの監督もしている河合弘之さん、福島原発告訴団団長の武藤類子さん(写真)、そして「自主」避難し、毛呂山町で避難生活を送っている河井加緒理さんの3人でした。それぞれ素晴らしい講演・報告で、550人の参加者は「脱・原発」の思いを新たにしました。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

上田県知事に、県政要望を提出


 上田県知事に、県政要望を提出しました。

 画像左から、根岸富士見市議、岡野毛呂山町議、川辺幹事長、武井県連合代表、上田知事、中野鴻巣市議、高橋川越市議、佐藤顧問。

 県政要望書はこちらです。(PDF)
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

11.3国会包囲行動


 日本国憲法公布から71年目の今日、「安倍9条改憲NO!全国市民アクション11.3国会包囲行動」が行われました。社民党埼玉県連合も、多くの仲間とともに参加、約40000人の参加者は「戦争反対」「改憲反対」「辺野古に基地はいらない」「原発反対」など、元気にシュプレヒコールを繰り返しました。

 憲法改悪反対の3000万署名に取り組みます。ご協力をお願いします。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

石川一雄さん、早智子さんと共に


 不当有罪判決から43周年の10月31日、日比谷野外音楽堂で開催された「狭山事件」の再審を求める市民集会には、今年も思いを同じくするたくさんの仲間が結集しました。
 
 社民党を代表して、狭山事件弁護団のメンバーでもある福島みずほ副党首も連帯あいさつ。集会後、参加者は銀座通りを、元気にシュプレヒコールを繰り返しながらデモ行進しました。地元埼玉県からも多くの参加者があり、解散地点では、指名をうけた社民党埼玉県連合武井代表の発声で「団結ガンバロウ」を三唱しました。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

衆院選を終えて

 池田まさよは、今後も、日本を戦争のできる国にしないため、全力を尽くします。

 12日間、池田まさよは、みなさまのご支援・ご協力をいただき、衆議院議員選挙を戦い続けることができました。たいへん、お世話になりました。

 埼玉13区の結果は、下記のとおりです。力不足をお詫びいたします。

 今回の選挙は、自民党が戦後はじめて「改憲」を公約にし、戦争のできる国にしてしまうかが問われた選挙でした。今後、憲法を巡り重要な局面を迎えることは必至です。

 池田まさよは、戦争のできる国にしないための運動に全力を尽くす所存です。今後とも、池田まさよは、民主リベラル勢力の発展と、権力をしっかりチェックできる政治を作るためにがんばりますので、お力添えをいただきますようお願いいたします。

 衆議院議員埼玉第13区 
 結果/有効投票数:199,202票、投票率:51.22%(前回51.18%)

 池田まさよ 社民党公認(共産党・新社会党推薦) 36,755票(18.45%)

 当選 つちや品子 自民党公認(公明党推薦) 104,500票(52.46%)
 きたずみよしゆき 希望の党公認 57,947票(29.09%)

   社会民主党総合選対 代表 武井 誠
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

わが党、かく戦った

 12日間の選挙戦を終えての、県連合代表メッセージです。明朝、各新聞に掲載されると思います。

 各分野の具体的政策を競う以前に、国家の私物化、戦争への道、民主主義の破壊を許すか否か、平和憲法を壊すか活かすかを問う選挙戦となった。

 危機感を共有する多くの人との出会いもあった。立憲野党共闘を求める市民とともに最後の最後まで全力を尽くす。

   社会民主党埼玉県連合 代表 武井 誠
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ
このページは11ページ中の1ページ目です。>>
社民党埼玉ツイッター
サイト管理エリア