社民党埼玉 Web サイト
>> ホーム  活動レポート  議員情報  組織・役員  お問い合わせ

社民党埼玉県連合・活動レポート

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
活動レポートのトップページを表示
<< 3000万署名を成功させましょう! | 活動レポートトップ | 核兵器禁止条約を坂戸市が応援 >>

埼玉県議会原発再稼働意見書可決への抗議行動


 埼玉県議会が都道府県議会としては初めてとなる「原子力発電所の再稼働を求める意見書」を可決したことに抗議し、撤回を求める行動が1月10日に取り組まれた。

 この意見書はエネルギーの安定供給や経済効率性の向上には原発の稼働が欠かせないとして、「世界で最も厳しい水準の規制基準に適合すると認められた原発の再稼働を求める」としている。

 自民党などが提案したもので、民進・公明・共産などが反対したものの12月22日の県議会最終日に可決された。

 10日の行動には埼玉県民だけでなく、原発立地県の福島・新潟・茨城の各県で脱原発運動を闘う住民など150人が参加。浦和駅前から県庁までデモ行進した後、3、130人、141団体が賛同した抗議文を県議会議長あてに提出した。党県連合(武井誠代表)も池田万佐代副代表が手渡した。

 参加者からは「5万5千人にものぼる県民がいまだに故郷に帰れない福島の現状を無視するものだ」「立地県でもない埼玉から再稼働を求めるなど恥だ」などの声があがった。

 また立地県の参加者からは「『埼玉に中間貯蔵施設を持っていったら』とか『賛成した県議は福島に住んだらいい』などの声があがっている」「埼玉は電力消費地。ぜひ脱原発の声をあげていってほしい」などの発言があった。

 3月県議会に向けて意見書の撤回を求める活動を強めていくことにしている。

 以下、資料

 埼玉県議会議長宛て、「埼玉県議会原発再稼働意見書可決への、社民党埼玉県連合抗議文」

 新聞記事

 東京新聞1月11日付「原発再稼働意見書」に反発、市民ら県議長に抗議文

 埼玉新聞1月11日付、県内外の市民ら抗議、県議会意見書「原発稼働求める」
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
社民党埼玉ツイッター
左に表示されている記事一覧
サイト管理エリア