社民党埼玉 Web サイト
>> ホーム  活動レポート  議員情報  組織・役員  お問い合わせ

社民党埼玉県連合・活動レポート

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
活動レポートのトップページを表示
<< 自治体議員代表、全国連合と懇談 | 活動レポートトップ |

上田知事に県政要望を提出


 社民党埼玉県連合役員9名で埼玉県庁を訪問、上田清司埼玉県知事に58項目の県政要望を提出、懇談の時間を持つことができました。

 冒頭、武井誠県連合代表があいさつ。上田知事が全国知事会長として8月14日、沖縄県民の民意尊重を訴える「米軍基地負担に関する提言」を提出されたことに敬意を表し、県政要望に対する誠意ある回答を求めました。

 知事は、平和、人権、エネルギー政策の転換など、社民党の基本姿勢への共感を表明。「ときにアプローチの仕方で違うところはあっても目指すものは同じ」と述べられ、また、医療・介護問題を中心に、具体的数字を示しながら県としての努力とその成果を話されました。

 参加した地方議員からは、道路の交通安全、廃校となった県立高校の跡地利用、農地や道路の浸水・冠水対策についての要望が伝えられました。

 写真は、左から船橋延嘉副代表、岡野勉機関誌広報部長(毛呂山町議)、中野昭副代表(鴻巣市議)、武井誠代表(坂戸市議)、上田清司知事、河井勝久選対委員長(嵐山町議)、根岸操総務部長(富士見市議)、高橋剛自治体部長(川越市議) 、松本翔社民ユース代表。

 県政要望書はこちらからご覧ください。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
社民党埼玉ツイッター
左に表示されている記事一覧
サイト管理エリア