社民党埼玉 Web サイト
>> ホーム  活動レポート  議員情報  組織・役員  お問い合わせ

社民党埼玉県連合・活動レポート

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
活動レポートのトップページを表示
<< 「朝霞4市」にまなぶ | 活動レポートトップ | 高橋つよし川越市議 5期目に挑戦 >>

社民党埼玉県連合 新春の集い


 社会新報投稿用の原稿を掲載します。

【埼玉】党県連合(代表、武井誠坂戸市議)の「新春のつどい」が1月24日、党員や支持労組、市民運動の代表など約120人が参加して、さいたま市で開かれた。憲法改悪を許さず、統一選や参院選の勝利を通じて安倍政権を退陣に追い込むことを誓い合った。

 武井代表はあいさつで安倍政権の腐敗ぶりに触れながら、「地方自治、地域の課題に具体的に向き合い、有権者と県政、国政への怒りとそれをただす意欲を共有しよう」と訴えた。

 また来賓として出席した福島みずほ副党首(参院議員)は、「改憲を阻止する年にしたい」と決意を述べたうえで、参院選比例代表予定候補に「平和・憲法・沖縄・女性」の仲村未央さんが決まったことを報告し、支援を呼びかけた。

 さらに、統一自治体議員選挙を戦う7人の公認・推薦予定候補者をはじめ、党公認・推薦自治体議員が決意を述べた。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
社民党埼玉ツイッター
左に表示されている記事一覧
サイト管理エリア