社民党埼玉 Web サイト
>> ホーム  活動レポート  議員情報  組織・役員  お問い合わせ

社民党埼玉県連合・活動レポート

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
活動レポートのトップページを表示
<< 2019さよなら原発埼玉県民集会 | 活動レポートトップ |

災害救援カンパに取り組んでいます

 台風15号による暴風雨は、千葉県を中心に大きな被害をもたらしました。建物の倒壊や損壊、長引く停電など、市民生活のみならず農作物や観光などにも深刻な影響を与え続けています。亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 さらに大きな勢力を持った台風19号の接近が心配されます。くれぐれもご注意ください。

 今回の災害については千葉県の初動対応の遅れが問題視されるとともに、組閣を遅らせて災害対応を最優先させるべきであったと、安倍政権に対しても大きな批判の声が上がっています。停電からの復旧時期も二転三転、「想定外」の事態により遅れているとの東電発表など、東日本大震災をはじめとする過去の教訓が生かされておらず「人災である」との指摘があります。

 また、日本の避難所の環境は劣悪で、一人あたりのスペース、プライバシーの確保、女性や障がい者、性的少数者への「合理的配慮」、冷暖房など、国際赤十字などが20年前に策定した「スフィア基準(紛争や災害の際の避難所の環境についての「最低限の基準」)」に遠く及ばない状況です。

 災害と向きあう国・自治体の姿勢が問われています。被害が生じるたびに「想定外」が繰り返されてはなりません。社民党埼玉県連合は、命が最も大切にされる社会をめざし、国、自治体の予算編成にメスを入れていきます。

 現在、緊急災害救援カンパに取り組んでいます。被災地の一日も早い復旧・復興のため、ご協力をお願いします。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
社民党埼玉ツイッター
左に表示されている記事一覧
サイト管理エリア