社民党埼玉 Web サイト
>> ホーム  活動レポート  議員情報  組織・役員  お問い合わせ

社民党埼玉県連合・活動レポート

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
活動レポートのトップページを表示
<< 全国各地で「フラワーデモ」 | 活動レポートトップ | オール埼玉総行動 >>

「反核・平和の火リレー」東コース、スタート

 今年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、リレーは行わず、県内各市町への要請行動のみが行われます。
 
 埼玉県庁前で午前9時30分から、東コースの出発式が行われました。社民党埼玉県連合からは武井誠代表が連帯あいさつ。核兵器禁止条約に加わらないばかりか「敵基地攻撃能力」などという置土産を置いていこうとする安倍前首相を厳しく批判しました。(写真上)

 平和センターの持田議長、埼玉教職員組合の金子委員長に続いて、県議会議員の辻浩司さんも激励挨拶、丸木美術館を訪問した感想を交えながら「これからの『反核の闘い」は『忘却との闘い』とも言える。戦争、原爆の実相を絶対に風化させてはならない」と力強く語りました。

 実行委員長が、県知事(代理)と県議会議長(代理:辻県議)に要請書を手渡し出発式を終了。若者たちは元気に各市町への要請行動に出発しました。(写真下)

この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
社民党埼玉ツイッター
左に表示されている記事一覧
サイト管理エリア