社民党埼玉 Web サイト
>> ホーム  活動レポート  議員情報  組織・役員  お問い合わせ

社民党埼玉県連合・活動レポート

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
活動レポートのトップページを表示
<< 桶川駅頭、街頭宣伝 | 活動レポートトップ | 一丸となって >>

「女性の力で政治は変えられる」集会

 久喜市総合文化会館に福島みずほ参議院議員を迎えて開催された集会には、200人近い参加者がありました。武井代表のツイッターでの報告を再掲します。

 7.11集会始まりました。主催者の1人川辺よしのぶ久喜市議会議員あいさつ。巨大学校給食センター建設計画、救急病院の移転問題、国民健康保険制度の広域化、共通するのは経済効率優先の考え方。命を大切にする社民党、川辺よしのぶです。


 (ジャスティス、玉木まさのりさんの素晴らしい歌声)

 続いて、福島みずほ議員の国会報告。

共謀罪、委員会をとばして参議院本会議へ。モリとカケに触れられたくないので国会延長せず。森友学園に行って見たこと知ったこと。加計学園問題。国会で取り上げられると「逆ギレ」する安倍首相。痛いところだからか?

 支離滅裂な安倍発言。秋葉原の「こんな人たち」演説。総理は政治の私物化の責任を取るべき。韓国の大統領より、たちが悪い。政府と自民党の区別のつかない稲田防衛大臣。公私の区別のつかない安倍夫婦。官邸に抗う望月記者、前川さん弾圧。釜山総領事、ぼやいただけで更迭。そして山城博治さん。

 「共謀罪」法が早くも施行。警察・検察と官邸の癒着。話しあっただけで罪になる。何が罪になるか不明確。金田大臣をはじめとする無茶苦茶な答弁。監視社会の到来。廃止に向けて頑張ろう。萎縮するのはやめよう。「戦争を止めるという共謀があるなら私たちは参加しなければならない」シカゴセブン。

 戦争のできる国にしたい、憲法を知らない安倍総理。来年6月の発議を目指している。国民投票には852億かかる。で衆院選と兼ねる。最短で国民投票にしたい気配。もう総裁になれないかも。ん?すると夏か?。その時止めるのは至難。徹底的に闘うが、安倍総理退陣が遅くなるほど、厳しい闘いになる。今が、大切。

 国会議員が等質に。やはり男の二世三世議員が多い国会はおかしい。女なら誰でもいいというわけではない(そりゃそうだ)。が社会的弱者が声をあげられる社会、そのための女性議員の存在価値。腐った権力者のための政治を変えねばならない。保守の中にも心ある人が。「こんな人たち」と「あんな人たち」に分けない政治。




 池田まさよ副代表も、決意表明を行いました。「子や、孫に、命の大切にされる社会を残したい!」
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ
社民党埼玉ツイッター
左に表示されている記事一覧
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア