社民党埼玉 Web サイト
>> ホーム  活動レポート  議員情報  組織・役員  お問い合わせ

社民党埼玉県連合・活動レポート

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
活動レポートのトップページを表示
<< 埼玉反核・平和の火リレー | 活動レポートトップ |

「豊田真由子議員の辞職を求める」緊急集会開催/「市民が野党をつなぐ埼玉4区の会」

安倍一強の中で起きたこの事件をうやむやにさせない、改造しても支持率を上げさせない!

 8月2日の夕方「市民が野党をつなぐ埼玉4区の会」は、政策秘書に対する「このハゲーッ!」暴言と暴行で有名になった埼玉4区選出の豊田真由子衆議院議員の辞職を求める緊急集会が志木駅前で開催されました。

 集会の冒頭、埼玉4区の会代表 (大野良夫さん/党朝霞総支部代表)は、「市民の会は、事実が発覚した翌日に豊田議員本人と公認した自民党本部、推薦した公明党本部に議員辞職申出書を郵送した。この間、辞職を求める署名活動を取り組んできたが、自民党に提出したとされる離党届は受理されず自民党の国会議員のまま。豊田議員の秘書は地元のあいさつ回りで『申し訳ないことをした。もう一度議員にでたい』と。許せない!豊田議員のやるべきことは今すぐ記者会見で謝罪し、議員辞職すること。補欠選挙で埼玉4区の新たな衆議院議員を選出したい。安倍政権を倒すために共に頑張りましょう」と呼びかけました。

 第3次安倍第3次改造内閣の布陣が決まる前日に、安倍一強の中で起きたこの事件をうやむやにさせない、改造しても安倍内閣の支持率を上げさせない!と、市民にアッピールする集会になりました。安倍政権の責任を追及する市民の動きは極めて迅速です。

 集会にはおよそ300人の市民が集まりました。リレートークでは、和光市在住の中沢けいさん(作家・法政大学教授)をはじめ地元4市の市民から、「豊田さんは雲隠れせず、記者会見を開き、事実を語り、国民に謝罪し、潔く辞職を!!」「税金から払われる年収4200万円余を無駄にするな」などと、怒りを込めて訴えられました。多くの人が足を止めトークに聞き入り、拍手を送る姿が見られました。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ
社民党埼玉ツイッター
以下の月別記事に移動
サイト管理エリア