社民党埼玉 Web サイト
>> ホーム  活動レポート  議員情報  組織・役員  お問い合わせ

社民党埼玉県連合・活動レポート

<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
活動レポートのトップページを表示

桶川市議選 新島みつあき ラストスパート

 選挙戦、あっという間の一週間。新島みつあき候補は、本日は自転車に乗って市内を駆け巡りました。辻立ち(街頭演説)は選挙期間中だけで120回を超えました。

 15時から早めの「打ち上げ式」。「残る時間ぎりぎりまで活動を続けよう!」地域の支持者みなさまと決意を固めあいました。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

福島みずほ「希望をつなぐパーティー」


 東京の都市センターホテルで開催され、社民党埼玉県連合からも多くの党員、支持者が参加しました。
 写真は、地方議員の仲間とともにあいさつをする武井誠代表です。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

がんばれ 新島みつあき!

 桶川市議会議員選挙告示、1週間の選挙戦に入りました。
 社民党公認新島みつあき候補、市民みなさんとともに全力でがんばっています。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

二つの市議選迫る

 桶川市議会議員選挙は明日10日告示、17日投・開票。

 社民党公認の新島みつあき予定候補の出発集会は午後2時から、日の出団地自治会館前で行われます。1週間の選挙戦、打ち上げ集会は11月16日(土)午後3時から同会場で行われます。

 写真左:新島みつあき予定候補、写真右:社民党県連代表 武井

 朝霞市議会議員選挙は11月24日告示、12月1日投・開票。

 社民党推薦の田辺あつし市議が立候補予定です。今日は朝霞市民による「朝霞の森オープン7周年秋祭り」に参加。そのまえに激励訪問した埼玉県連合武井誠代表と固い握手を交わしました。

 写真左:社民党県連代表 武井、写真右:田辺あつし予定候補、
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

狭山事件の再審を求める市民集会


 10月31日午後、狭山事件の東京高裁不当判決から45周年、日比谷野外音楽堂で、一刻も早い再審開始を実現するための集会が開催されました。

 12時から、全体集会に先立って開催された埼玉独自集会では、多くの市民団体、労働団体等からのスピーチがあり、社民党埼玉県連合からも武井誠代表が連帯のあいさつを行いました。

 全体集会には、弁護団の一員でもある社民党副代表の福島みずほ参議院議員も出席し連帯あいさつ、石川一雄さんの無実を証明する明白な証拠の数々に言及、一刻も早い再審開始を求め全力を尽くす決意を表明しました。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

週末は東京へ!

相次ぐ大臣の不祥事、差別的な暴言・失言。
腐敗した安倍政権への怒りがわきおこっています。
週末には大きな集会・行動が計画されています。
誘いあって日比谷野音へ! 国会前へ!

この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

各地での取り組み

 熊谷発

 20日、午後1時から熊谷総支部は、熊谷駅の南口で台風19号被害の救援募金の協力を呼びかけました。福島みずほさんの政党ですねと言いながら募金をする方もおりました。熊谷駅の利用者から3126円の義援金をいただきました。(写真)


 坂戸発

 坂戸市の被害状況が、かなりテレビなどで報道されたため、多くの知人・友人から見舞いのメールや電話をいただいています。ありがたいことです。その中で、坂戸市に義援金を送りたいという申し出があり、ふるさと納税のしくみを使った方法を紹介しました。

 こちらです。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

災害救援カンパに取り組んでいます

 台風15号による暴風雨は、千葉県を中心に大きな被害をもたらしました。建物の倒壊や損壊、長引く停電など、市民生活のみならず農作物や観光などにも深刻な影響を与え続けています。亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 さらに大きな勢力を持った台風19号の接近が心配されます。くれぐれもご注意ください。

 今回の災害については千葉県の初動対応の遅れが問題視されるとともに、組閣を遅らせて災害対応を最優先させるべきであったと、安倍政権に対しても大きな批判の声が上がっています。停電からの復旧時期も二転三転、「想定外」の事態により遅れているとの東電発表など、東日本大震災をはじめとする過去の教訓が生かされておらず「人災である」との指摘があります。

 また、日本の避難所の環境は劣悪で、一人あたりのスペース、プライバシーの確保、女性や障がい者、性的少数者への「合理的配慮」、冷暖房など、国際赤十字などが20年前に策定した「スフィア基準(紛争や災害の際の避難所の環境についての「最低限の基準」)」に遠く及ばない状況です。

 災害と向きあう国・自治体の姿勢が問われています。被害が生じるたびに「想定外」が繰り返されてはなりません。社民党埼玉県連合は、命が最も大切にされる社会をめざし、国、自治体の予算編成にメスを入れていきます。

 現在、緊急災害救援カンパに取り組んでいます。被災地の一日も早い復旧・復興のため、ご協力をお願いします。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

2019さよなら原発埼玉県民集会


 さいたま市民会館おおみやで「さよなら原発集会」が開催されました。実行委員会結成呼びかけ団体は、埼玉県原爆被害者協議会、埼玉県生活協同組合連合会、原水爆禁止埼玉県協議会、埼玉県平和運動センター。

 午前は、県内活動団体の交流会。
 午後は、大ホールで全体集会。自主避難者の苦しみや、危険な地域の避難解除、避難者住宅補助の打ち切りなどの残酷な状況の報告と、元京都大学原子炉実験所助教小出裕章さんの講演「忘れない、悲惨なフクシマ事故」を通して、参加者に原子力発電の危うさ、推進する愚かさ、「原子力村」腐敗への怒りが共有されました。

 核と人類は共存できません。
 
 社民党は、全原発の即廃炉と一刻も早い再生可能エネルギーへの転換を主張しています。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

11.26オール埼玉総行動

 下記の集会が開催されます。政党あいさつ、社民党からは福島みずほ副党首が行う予定です。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ
<< このページは23ページ中の2ページ目です。>>
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
社民党埼玉ツイッター
サイト管理エリア