社民党埼玉 Web サイト
>> ホーム  活動レポート  議員情報  組織・役員  お問い合わせ

社民党埼玉県連合・活動レポート

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
活動レポートのトップページを表示

埼玉県議会原発再稼働意見書可決への抗議行動


 埼玉県議会が都道府県議会としては初めてとなる「原子力発電所の再稼働を求める意見書」を可決したことに抗議し、撤回を求める行動が1月10日に取り組まれた。

 この意見書はエネルギーの安定供給や経済効率性の向上には原発の稼働が欠かせないとして、「世界で最も厳しい水準の規制基準に適合すると認められた原発の再稼働を求める」としている。

 自民党などが提案したもので、民進・公明・共産などが反対したものの12月22日の県議会最終日に可決された。

 10日の行動には埼玉県民だけでなく、原発立地県の福島・新潟・茨城の各県で脱原発運動を闘う住民など150人が参加。浦和駅前から県庁までデモ行進した後、3、130人、141団体が賛同した抗議文を県議会議長あてに提出した。党県連合(武井誠代表)も池田万佐代副代表が手渡した。

 参加者からは「5万5千人にものぼる県民がいまだに故郷に帰れない福島の現状を無視するものだ」「立地県でもない埼玉から再稼働を求めるなど恥だ」などの声があがった。

 また立地県の参加者からは「『埼玉に中間貯蔵施設を持っていったら』とか『賛成した県議は福島に住んだらいい』などの声があがっている」「埼玉は電力消費地。ぜひ脱原発の声をあげていってほしい」などの発言があった。

 3月県議会に向けて意見書の撤回を求める活動を強めていくことにしている。

 以下、資料

 埼玉県議会議長宛て、「埼玉県議会原発再稼働意見書可決への、社民党埼玉県連合抗議文」

 新聞記事

 東京新聞1月11日付「原発再稼働意見書」に反発、市民ら県議長に抗議文

 埼玉新聞1月11日付、県内外の市民ら抗議、県議会意見書「原発稼働求める」
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

3000万署名を成功させましょう!

 県内各地で「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」が始まっています。

 目標は3000万人です。ぜひ、あなたも署名を集める側に加わってください。

 先進的な朝霞地区の取り組みを紹介させていただきます。(下写真チラシ)

 チラシの拡大表示はこちら
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

社会民主党、党首・副党首 年頭あいさつ

社会民主党 吉田忠智党首、福島みずほ 副党首の年頭のあいさつを掲載します。

吉田忠智党首 年頭あいさつ

福島みずほ副党首 年頭あいさつ
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

埼玉県議会に抗議する!

 昨年末12月22日に埼玉県議会は、規制基準に適合した原発の再稼働を求める意見書案を賛成多数で可決しました。被災地の方々や避難者を無視したこの暴挙に、満腔の怒りを持って抗議するものです。

 「抗議する県民有志の会」の行動を支持するとともに、社民党埼玉県連合としても県議会に対して抗議する準備を進めています。

 以下、ご参照のうえ、あなたもぜひ、賛同人に加わってください。

 原発意見書抗議文

 県議会再稼働抗議ビラ

 賛同人名簿
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

県内各地で、さまざまな行動が。


 今日のレポートは2本です。2本目。

 県内各地で全国統一3000万署名運動が始まっています。ご協力をお願いします。写真は、朝霞地区の取り組みです。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

署名3000万を目指して


 今日の、レポートは2本です。1本目。

 草加市の獨協大学キャンパス内で「草の根民主主義で安倍改憲を許さない草加市民フォーラム」が開催されました。
 自由党、共産党、社民党、立憲民主党(発言順)を代表して、それぞれ10分間のゲストスピーチ、社民党からは埼玉県連合の武井誠代表が発言をしました。
 
 参加された200人の市民みなさんと共に「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国3000万署名運動を成功させる決意を固めあいました。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

平和センター定期総会


 さいたま市市民会館うらわで、埼玉県平和運動センターの第19回定期総会が開催されました。

 戦争法・共謀罪廃止、脱原発・被爆72周年、部落解放、教育フォーラム、食・みどり・水を守る埼玉県民会議の取り組みなどついて活動報告、方針を全体の拍手で確認しました。

 来年度の役員改選も行われ、社民党からは前年度に引き続き中島修事務局次長、斉藤由幹事が選出されました。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

埼玉西部地区護憲集会

 埼玉西ブロック発

 恒例の冬の護憲集会が開催されます。今回は、ダニーネフセタイさんに講演をお願いしました。

 くわしくは、武井誠県連合代表のホームページをご覧ください。

 こちらです。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

「狭山事件」再審請求アピール行動


 連日、東京高裁前で「狭山事件」再審請求のアピール行動が行われ、冤罪を訴える石川一雄さんご本人を先頭に、多くの市民が参加しています。

 今日は、武井誠県連合代表も朝の通勤時間帯と、昼休みの時間帯の2回、行動に参加し再審開始を訴えました。

 石川一雄さんの隣でマイクを握っていらっしゃるのは、足利事件の冤罪を晴らした菅谷利和さんです。犯人と決めつけて厳しい取調べを行った警察・検察への怒りを吐露されています。

 石川一雄さんは78歳、無罪を訴え続けて54年になります。一刻も早い、再審開始を!。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ

第21回北関東ブロック協議会 等


 茨城県大子町で、社民党北関東ブロック協議会第21回総会と自治体議員団会議第20回総会、および学習会が開催されました。

 総会では、埼玉県連合の武井誠代表が、北関東ブロック協議会の副議長、同自治体議員団の団長に選出されました。
 
 学習会では、東海第二原発差止訴訟共同代表の大石光伸さんから「東海第二原発の再稼働をめぐる状況」についての報告を受け、各県で反対運動に取り組むことが確認されました。
この記事のみを表示し前後に移動
社民党埼玉へのご意見・お問合わせ
<< このページは13ページ中の3ページ目です。>>
スマホでご覧の方へ。スマホ表示へ戻ります。
社民党埼玉ツイッター
サイト管理エリア